効果的な治療法とは

診察

治療の選択肢

胆のうがんを発症してしまった場合、選択できる治療はいくつかあります。なお、がん治療では有名な放射線治療や抗がん剤治療などでは、胆のうがんを治すには難しいと言われているため、確実な治療方法は手術になります。手術が1番となっていますが、進行状況などによって実際に手術が出来る人は少ない割合になってしまうのが現状です。

免疫細胞療法がおすすめ

そこで、最近胆のうがんの治療として注目を集めているのが免疫細胞療法になります。あまり聞きなれない方法ですが、がんの進行を止めることが可能なので多くの病院でこの方法をすすめています。自分が持っている免疫細胞を体外で活性化させて、また体内に戻すのが免疫細胞両方の特徴となっています。この方法を行なうことで、胆のうがんの完治に希望が見えるでしょう。

免疫細胞療法のメリット

この免疫細胞療法がおすすめされている理由には、様々なメリットを得られるからとなっています。一般的ながん治療(抗がん剤、放射線治療、手術)と一緒に免疫細胞療法を実施することで、より治療効果を高めることが出来ますよ。あわせて、がんでよく見かける副作用の発生や体力が落ちることも防いでくれます。副作用と体力が低下する心配もなく、治療に専念することが出来るでしょう。

胆のうがんになってしまった人たちの声

健康診断で胆のうがんと判明した

定期的に受けている健康診断で内視鏡検査などを行なったところ、胆のうがんと診断されて手術することに。私の場合は、早期発見だったので無事手術で取り除くことが出来ました。今回病気になって、病気の早期発見のために定期的に健康診断や人間ドッグを受けることが大事だなと実感しました。

みんなに勇気づけられている

体調が悪くなり、気になって病院に行って検査してみると胆のうがんと診断されて、そのまま治療を行なうことになりました。結構進行していたみたいで、今は免疫細胞療法を中心に治療しています。家族や医師、看護婦さんの言葉にいつも助かっているので、がんに負けずに完治を目指します!

初期症状が発生した

白目が黄色くなったり、皮膚が黄色っぽくなったことを周囲の人たちから指摘されて、ネットで調べてみたら黄疸と呼ばれる症状みたいでした。そこから、胆のうがんの存在を知って検査を受けることにしました。検査ではやはり胆のうがんと診断されましたが、適切な治療と早期発見のこともあってか無事に回復することが出来ています。

医師と病院選びは慎重に

私ではないのですが、夫が胆のうがんを発症してしまいました。今思えばあれは胆のうがんの症状だったかも、と思うことがあって後悔していましたが、完治するためにも今は夫の治療をサポートしています。とにかく医師や病院を探して、今は信頼できるところで治療が出来ています。やはり信頼できるところで治療に専念できることは素晴らしいです。

食欲がなくなる、体重減少には要注意

現在、胆のうがんの治療をしています。急に食欲がなくなり、体重が落ち始めたので不安に思って、病院に行ったところ胆のうがんと言われました。そして、治療法について抗がん剤などの副作用が怖いと伝えたところ紹介されたのが、免疫細胞療法です。今のところ落ち着いて、治療を行なっています。私が言えるのは、何かしらの異変を感じ取ったらすぐに病院に行くことです。